好きだけど好きといえない…

Fちゃんと飲みに行き店を出て、ふたりでタクシーを待っていた。Fちゃんは心地よく酔っていて上機嫌だ。スノーボードの話しで盛り上がり、いつしか沈黙に。Fちゃんと目があいキスをしたくなる衝動にかられた。そういう雰囲気を察したのかFちゃんは「Yさんとはうまくいってるんですか?」と。一気に現実に引き戻された。僕は何もこたえられなかった。

 


 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました